爽眠α 口コミ

MENU

爽眠αを実際に試してみました

 

爽眠α

 

特に暑いわけでもないのに、ほてりで寝つきが悪いことがあります。

 

ぐっすり眠りたいのに一晩に2~3回目が覚めてしまい、次の日も疲れが残ってしまいます。

 

市販の睡眠薬は副作用があると聞くので、少し不安で手が出せません。

 

そんな時に、睡眠の質を改善してくれるサプリメント「爽眠α」のネット広告を見ました。

 

爽眠αはお茶の旨み成分L-テアニンの効果で、体に優しく心地いい睡眠へ導いてくれるとのこと。

 

機能性表示食品として消費者庁が受理した商品なので、試してみました。

 

 

爽眠α

 

爽眠αの袋は薄いピンク色で、フクロウのイラストが可愛らしい。

 

「すっきり起きるお手伝い」と書いてあるけれど、寝つきを改善するサプリメントとは気付かれなそう。

 

爽眠αは手のひらサイズの大きさ。

 

スリムな袋なので置き場所には困りません。

 

チャックがついているので、旅行にも持ち歩きが便利です。

 

 

爽眠α

 

爽眠αには、良質な睡眠をサポートしてくれるL-テアニンを配合。

 

L-テアニンは玉露など高級なお茶ほど多く含まれていて、お茶を飲んでほっとする気持ちになるのはL-テアニンの作用なんですって。

 

お茶を飲んでもL-テアニンを摂ることができるけれど、お茶にはカフェインが含まれているし夜中のトイレが心配。

 

でも爽眠αならL-テアニンを効率よく摂れるので、気持ちの良い眠りにつながるとのこと。

 

他には沖縄の伝統野菜クワンソウも入っています。

 

クワンソウは「ねむり草」とも呼ばれて、寝つきをよくするオキシピナリタンというアミノ酸を含んでいるんですって。

 

 

爽眠α

 

爽眠αの袋の中には、白いタブレット型の錠剤が入っています。

 

ラムネ菓子のような見た目で、なんだか美味しそう。

 

錠剤には匂いがなくて、原料由来の匂いもありません。

 

見た目も匂いも特徴がなくて飲みやすそうなので、毎日無理なく続けられそう。

 

 

爽眠α

 

爽眠αは1日4粒が目安。

 

1袋で120粒入っているので、約30日分の量になります。

 

爽眠α4粒を飲むと、L-テアニン200mgを摂ることができるとのこと。

 

L-テアニンは睡眠に良いだけではなくて、脳のリラックス効果と集中力アップの効果があるんだそう。

 

爽眠αを飲むと色々良いことがありそうで、毎に飲むのが楽しみです。

 

 

爽眠α

 

爽眠αの粒は直径7ミリほどの大きさ。

 

表面はつるんとしていて、生理痛の時に飲む痛み止めに似ています。

 

この大きさの錠剤なら飲み慣れているので、一度に2粒飲めそうです。

 

爽眠αの飲み方は、就寝1時間前に飲むのが効果的なんだそう。

 

私は夜寝る前に4粒飲むことにします。

 

 

爽眠α

 

今までは隣に眠る主人のいびきを聞きながら、「眠れない」と何度も寝返りをうっていました。

 

なかなか眠れなくてトイレに立つと、廊下の寒さに目が覚めてますます眠れなくなって……。

 

爽眠αを飲み始めて1週間。

 

いつもより寝つきが良く、ぐっすりと眠れるようになったかも。

 

「爽眠αを飲んでいる」という安心感も手伝っているのか、こんなに早く効果が現れてうれしいです。

 

夜一度も目が覚めず寝られるので、朝の目覚めもスッキリ。

 

睡眠薬ではなく、毎日安心して飲める爽眠αだから、これからも飲み続けたいと思います。

 

 

爽眠α

 

爽眠αを試してみる【ネット通販限定特典あり】