幸健生彩 口コミ

MENU

養命酒 幸健生彩を実際に試してみました

 

養命酒 幸健生彩

 

45歳を過ぎたあたりからどうも胃の調子がよくありません。

 

食べ過ぎたつもりはないのに胃が重くもたれ気持ち悪くなるので食べることに興味がわきません。

 

もともと食べることが大好きなのに、この先ずっとこの体調のままかと思うと憂鬱です。

 

なんとか以前のように美味しく食べたいと思った私はネットであれこれ調べてみることにしました。

 

なかでも口コミで胃腸が良くなったと評判だったのが漢方を使った「幸健生彩(こうけんせいさい)」です。

 

あの養命酒をタブレットにした錠剤という点に期待が持てそうなので幸健生彩を購入することにしました。

 

 

養命酒 幸健生彩

 

届いた幸健生彩はインパクトのある赤い小箱に入ってました。

 

赤はエネルギーを感じさせ活力的なイメージがあるそうです。

 

また食欲を増進させる色とも言われ、胃が弱った私を元気にしてくれそう。

 

 

養命酒 幸健生彩

 

幸健生彩は手のひらサイズの小さな小瓶に入ってます。

 

パッと見ただけだと家にある風邪薬と見分けがつかず、薬入れにしまわれそうです。

 

とはいえ目に付くところに置いとかないと飲み忘れそう。

 

色々探したあげく台所にあるシンクの側に置くことにきめました。

 

洗いものは私しかしないし、これなら毎日目に入り飲み忘れすれることもなさそうです。

 

 

養命酒 幸健生彩

 

幸健生彩はシャクヤク、ケイヒ、カンゾウといった漢方エキスが入ってます。

 

漢方の中でもケイヒは胃を丈夫にするのと腸の働きをスムーズにする効果があるそうです。

 

またカンゾウには女性ホルモンの一種エストロゲンに似た物質が含まれてるとのこと。

 

そもそも更年期を迎えた女性は、女性ホルモンの急激な減少で自律神経が乱れるそうです。

 

胃は自律神経にとても影響されやすく、ストレスで胃が痛くなる人も自律神経が乱れてるからなんですって。

 

加えて胃の粘膜を正常に保つ働きもあったエストロゲンの減少で胃の粘膜も弱くなってしまうとのこと。

 

そこでカンゾウを摂ることで女性ホルモンのバランスを整える効果があるそうです。

 

胃が弱ってるうえに、更年期に入った私には調度良いサプリにかもしれません。

 

 

養命酒 幸健生彩

 

幸健生彩は薄い黄色の小さな錠剤です。

 

瓶を開け試しに臭いを嗅いでみたら、栄養ドリンクのような香りがしました。

 

養命酒を錠剤にしてるから、きっと漢方のニオイがするかと思ってたので意外です。

 

一粒手に取ってみてもほとんど臭わないからストレス無く飲めそう。

 

 

養命酒 幸健生彩

 

9mm程度の錠剤でできた幸健生彩は一般的な頭痛薬と同じくらいの大きさ。

 

ほとんど臭わなかった幸健生彩を水で飲んでみても、特に味も感じませんでした。

 

幸健生彩は飲むタイミングがあって、朝と夕方に2粒ずつ飲むように勧められてます。

 

けど一日2回も飲むのはダルイなと思ってしまった面倒くさがりな私。

 

かと言って面倒くさがってても胃の調子は一向に良くなりませんよね。

 

なので幸健生彩の置き場所に「美味しい物をたくさん食べれるようになる!」と書いた張り紙も付けて頑張ってみようと思います。

 

 

養命酒 幸健生彩

 

幸健生彩を飲むようになってから一カ月が経とうとしています。

 

「すっごく効く!」という効果はありませんが、じわじわと効いてるような気はします。

 

食べたあとに胃がもたれて重たくなる感じが少しずつ軽くなってきました。

 

おかげで「今日は美味しく食べられたな。」って思える日が増えてきています。

 

このことを主人に話したら「もっと良くなったら温泉旅行に行って美味しい物をたくさん食べようね」と言ってくれました。

 

思えば私の胃が弱くなり食べるのが憂鬱になってから、旅行に行くこともなくなっていました。

 

そんな私を気遣ってくれてた旅行好きの主人を思うと、もっと早く手を打っておけば良かったです。

 

以前のように美味しく食べたいと願って飲みはじめた幸健生彩。

 

やっぱり食べることは素晴らしいなと思った私は、これからも幸健生彩を飲み続けてみようと思います。

 

 

養命酒 幸健生彩

 

養命酒 幸健生彩(こうけんせいさい)を試してみる【ネット通販限定特典あり】