紅麗珠 口コミ

MENU

紅麗珠を実際に試してみました

 

紅麗珠

 

30代に入り冷え性に悩み始めました。

 

夏は靴下を履かずに過ごせてましたが、今では欠かせない存在に。

 

靴下は今流行りのくるぶしソックスではなく、足首を温めることのできる長めの丈のものを愛用。

 

だけど夏はかわいいサンダルを履きたいし、ペディキュアも楽しみたい。

 

そんな理由から冷えに効くサプリメントを探しました。

 

そして見つけたのが「紅麗珠」という高麗人参由来のサプリメント。

 

とても良さそうなんですが、お値段が他の高麗人参系サプリより結構高め。

 

初めてということもあり、初回お試しの10日分で1890円を取り寄せてみました。

 

 

紅麗珠

 

高麗人参系サプリはたくさん出回っています。

 

正直「どれも一緒なんじゃない」と探していたのですが、調べれば調べるほど紅麗珠のパワーを知りました。

 

高麗人参にはサポニンというめぐり成分であるジンセノサイドが含まれています。

 

ジンセノサイドは気を巡らせて体を芯からポカポカにしてくれるみたい。

 

気の巡りが良くなるから体にパワーが湧き、気力が出るそう。

 

そして私が紅麗珠を選んだ一番の理由は、高麗人参の実が入っていること。

 

高麗人参に実がなるなんて初めて聞いたので驚きました。

 

高麗人参の実「ジンセンベリー」は、根の10倍以上の有用成分が含まれているそうでビックリ。

 

しかし残念なことにジンセンベリーは、高麗人参の収穫まで一度しか収穫できないみたい。

 

また高麗人参の実は加工や保存が難しく韓国市場にも出回らないほど希少価値の高いものなんだそう。

 

紅麗珠が高いのにも納得。

 

 

紅麗珠

 

紅麗珠のパッケージは手のひらに収まるサイズ。

 

10日分なので20粒しか入っていないから袋の中は、ちょっとスカスカ。

 

高麗人参は漢方のような独特のにおいがするので飲めるか不安でしたが、紅麗珠は何だかお菓子のような甘い香りが。

 

10日分で1980円も出したのに、飲めないとどうしようと思ってましたが一安心。

 

 

紅麗珠

 

紅麗珠の1日の摂取目安量は2粒。

 

高いと思っていたけど、1日に換算すると198円。

 

美容ドリンクよりも手軽に簡単に飲めると思えば安いかも。

 

飲む時間は特に決められていないので、私は夜寝る前に飲んでいます。

 

めぐり成分が入ってるから寝てる間に体中を巡ってくれればと思って。

 

お気に入りの飲み方は寝る前のリラックスタイムにハーブティーを飲みながら。

 

紅麗珠を飲み始める前までは、夜に緑茶や紅茶を飲んでいました。

 

緑茶や紅茶にはカフェインが含まれていることは多くの方が知っていますよね。

 

そのカフェインには利尿作用があり、体から水分を出そうとすると体温を下げる働きがあるみたい。

 

なので多くのカフェインの摂取は冷え性を引き起こす原因にもなるそう。

 

 

紅麗珠

 

10日だけのお試しなので効果が現れるかは少し不安でした。

 

10日間紅麗珠をしっかり飲み、カフェインを控えたりしながら効果を実感できるような生活の送り方を心がけるように。

 

紅麗珠を半分を飲み終えた5日くらいから、いつも冷えていたお腹がじ~んわり温かくなっていくのを実感しました。

 

そして10日間飲み切って冷え性が完全に治ったかと聞かれたら答えはNO。

 

だけどお風呂上がりの足先の温かさは持続するような感じです。

 

今まではお風呂から上がれば1時間も経たないうちに足先が冷たくなっていました。

 

冷え性の私にとって、お風呂上がりのぬくもりが続くのはとっても嬉しいこと。

 

冷え性が完治したわけではないですが、10日間のお試しで紅麗珠の効果を少しだけ実感できました。

 

しかも、昨日夫から「化粧品変えた?」なんて言われました。

 

髪型を変えても何も言わない人なのに・・・。

 

どうしてそう思ったかを聞くと、肌にツヤが出て、何だかイキイキしてると言われました。

 

思いがけない言葉をかけてもらってとっても嬉しくなり、冷えだけでなく美容にも効果があることを実感。

 

やっぱりお値段は少し高いけど自分の健康な身体のために続けてみようと思います。

 

 

紅麗珠

 

紅麗珠を試してみる【ネット通販限定特典あり】