きなり 口コミ

MENU

きなりを実際に試してみました

 

きなり

 

子供も中学生になり、趣味や習い事など色んな事にチャレンジしようと思っていたのですが、いざ、始まると行くのがとっても億劫。

 

頭痛、火照りからくる異常な汗、イライラするのに急に悲しくなったり、めまいや耳鳴り、何をするのも億劫なのに疲労感が溜まる。

 

家族からも心配されて、夫から「更年期じゃない?」と言われ、「カチン」ときましたが、思い当る節がいっぱい。

 

そんな時にテレビを見ていたら女性の更年期障害にはDHAやEPAなどが効果的というのを特集で放送していました。

 

早速DHAやEPAが手軽に多く摂れるサプリメントを取り寄せることに。

 

私が見つけたのは「きなり」というサプリメント。

 

 

きなり

 

ジッパー付きのパッケージに入っているきなり。

 

パッケージが少し和風ぽくてあられや飴が入っていそうなデザイン。

 

更年期を連想することがないから、周りに見られても恥ずかしくないんじゃないかな。

 

DHAやEPAと聞くと魚を連想します。

 

そんな魚の成分がどうして更年期の改善に良いのか不思議でした。

 

DHAやEPAにはオメガ3脂肪酸が含まれています。

 

オメガ3脂肪酸には自律神経のバランスを整えるのに優れているみたい。

 

女性は閉経とともにホルモンバランスが乱れることで自律神経にも影響を受けて乱れやすくなるんです。

 

そこをオメガ3脂肪酸を摂ることによって、イライラやクヨクヨする精神の不安定感や、火照りからくる異常な発汗などの症状に効果をもたらすそう。

 

厚生労働省が推奨するDHA、EPAの1日の摂取目安量は1日1000mg。

 

きなりは4粒飲むだけで半分の500mgが補えます。

 

 

きなり

 

きなりにはDHAやEPAを酸化させないクリルオイルが配合されています。

 

オイルは酸化するということをよく聞きますが、クリルオイルは一般的な魚油とは違いフレッシュな状態を保ちやすい形状。

 

しかもクリルオイルは水に素早く溶けるから飲んでからすぐに小腸で吸収。

 

またきなりにはDHAやEPAだけでなく納豆由来のナットウキナーゼが含まれています。

 

納豆の特徴であるネバネバ成分には素晴らしい酵素が。

 

更年期障害になるとホルモンバランスが乱れます。

 

そんなホルモンバランスの乱れも酵素を摂ることで改善するみたい。

 

 

きなり

 

きなりのかわいいパッケージを開けてみるとたくさんのタマゴのような粒がいっぱい。

 

黄色い色と液状カプセルの形状が本当にタマゴみたい。

 

ただ袋が薄いのかパッケージの表が透けてます。

 

保存に気を付けることはないのか少し不安。

 

 

きなり

 

きなりの1粒はソフトカプセルなので角がなくとっても飲みやすい形状。

 

きなりはDHA、EPAのサプリメントだから魚由来です。

 

以前にもDHAサプリメントを試したことはあるのですが、とっても魚臭かったのが印象的。

 

飲んだ後もいつまでも口の中が魚臭くて、1週間飲んで断念しました。

 

だけどきなりは全く魚臭くありません。

 

安心して毎日飲み続けることができそう。

 

 

きなり

 

きなりの摂取目安は1日4粒~8粒。

 

私は朝晩と2回に分けて飲んでいます。

 

8粒で厚生労働省が推奨する1日のDHA、EPAの1000mgが手軽に摂取できますね。

 

だけどきなりはあくまでもサプリなので足りない部分を補う役目。

 

すべてをサプリ任せにするのではなく、毎日の食事の中でも納豆や魚を食べる和食に心掛ける良い機会ですね。

 

 

きなり

 

きなりを飲み始めて2週間。

 

少しづつですが元気が出てきたように思います。

 

今までは、毎日の掃除、洗濯、ごはんの用意などもめんどくさく、後回しにしていたけど、体がスッとついてくるように。

 

気分の上下はまだありますが、頻度が減ったようにも感じます。

 

何よりも、身体を動かすことが以前ほどおっくうでは無くなったので、散歩やショッピングへ行って気分転換できることが大きいのかもしれません。

 

また、DHAやEPAなどを心掛けることで和食中心の食生活になり夫は少し体重が落ちたようで喜んでいます。

 

いくら和食中心の生活とはいえ、毎日のごはんだけではDHAやEPAを補えません。

 

きなりはDHAやEPAだけでなく、心の安定剤としても飲み続けたいと思います。

 

 

きなり

 

きなりを試してみる【ネット通販限定特典あり】