エクオール+ラクトビオン酸 口コミ

MENU

エクオール+ラクトビオン酸を実際に試してみました

 

エクオール+ラクトビオン酸

 

40代も後半になり、最近、ささいなことでイライラすることが多くなりました。

 

「更年期に良い」と言われている豆乳や納豆などの大豆食品を積極的に食べていますが、特に手ごたえはありません。

 

もっと良い対策方法は無いかとネットで調べてみたところ、「いいな」と思ったのが、「エクオール+ラクトビオン酸」。

 

婦人科専門医と共同開発で生まれたサプリメントという点に魅力を感じました。

 

さっそく、エクオール+ラクトビオン酸を注文してみました。

 

 

エクオール+ラクトビオン酸

 

エクオール+ラクトビオン酸は半透明のガラス瓶に入っています。

 

薬のようなデザインですがすっきりとしているので、ビンのまま出しておいても違和感はなさそうです。

 

薬のようなすっきりとしたデザインで、パッと見ても、更年期のサプリであることは分かりません。

 

ビンのまま食卓などに出しておいても、違和感は無さそうです。

 

ただ、保管するのにはガラス瓶の方が湿気なくてよさそうですが、持ち運びには不便ですね。

 

エクオール+ラクトビオン酸は1日3回、こまめに摂取すると良いとのこと。

 

外出先などで服用する際には、サプリケースなどに入れて携帯するのが良いかもしれません。

 

 

エクオール+ラクトビオン酸

 

更年期の不調にいいと言われているのが大豆イソフラボンというのはよく知られていますね。

 

大豆イソフラボンは体内に入ると、腸内細菌によって分解されて「エクオール」と呼ばれる物質を作りだすんだとか。

 

このエクオールこそが女性ホルモンに似た働きをすることが最近の研究でわかったそうです。

 

ところが、このエクオールを体内で産生できる日本人女性の割合は2人に1人。

 

40代以下の世代ではさらに少なく、4人に1人程度だと言われています。

 

体内でエクオールが産生できない人は、大豆イソフラボンを摂取しても、その恩恵を受けることができないのだとか。

 

そして、エクオール産生菌を持たない人が、将来、エクオールを産生できるようになることは無いそう。

 

また、エクオールが作れる人と作れない人を比べてみると、体脂肪率や内臓脂肪面積、血管の硬さ、コレステロールなどに差があるそうです。

 

大豆製品をせっせと食べても、何の手ごたえも感じられない私も、恐らくエクオール産生菌が無いのではないかと思います。

 

しかし、エクオールが体内で産生できなくても、身体の外から補うことで、その作用を享受することはできるみたい。

 

さらに、エクオール+ラクトビオン酸には、エクオールに加えて、ラクトビオン酸と呼ばれるオリゴ糖が配合されています。

 

ラクトビオン酸はエクオールの生産力アップとカルシウムの吸収を高めるために配合されているそうです。

 

更年期のイライラの原因の一つが、カルシウム不足だとも言われています。

 

エクオール+ラクトビオン酸なら、ホルモンバランスとカルシウム不足の両方の面から、更年期のイライラ対策に良さそうですね。

 

 

エクオール+ラクトビオン酸

 

エクオール+ラクトビオン酸はアドバンストメディカルケアという会社が販売しています。

 

アドバンストメディカルはサプリメントに天然由来の原料を使用し、コーティングや不必要な着色料は使わないなどこだわりがあるみたい。

 

さらに医薬品と同レベルの基準でサプリメントが作られているので、効果も期待できそう。

 

エクオール研究の専門医と共同開発されたサプリといった点でも、信頼できますね。

 

 

エクオール+ラクトビオン酸

 

エクオール+ラクトビオン酸は茶色のカプセル。

 

カプセルは小豆2つ分くらいの大きさです。

 

摂取目安量は1日に3カプセル。

 

1ビンに90カプセルが入っているので、約1か月分ですね。

 

サプリメントなので特に飲むタイミングや時間に決まりはありません。

 

しかし、付属の冊子によると、食後の服用するのがおススメとのこと。

 

エクオールは24時間~48時間で体外に排出されてしまうそうです。

 

なので、一度にまとめて摂取するよりも、1日数回に分けてこまめに摂取した方が良いみたい。

 

私は、1日3回、毎食後に1カプセルずつ飲むことにしました。

 

 

エクオール+ラクトビオン酸

 

エクオールの摂取推奨量は1日に10mgとのこと。

 

1日10mgのエクオールを食品から摂取するには、納豆1パック、木綿豆腐2/3丁程度だそうです。

 

決してムリな量では無いですね。

 

もちろん、食品からエクオールを摂取できるのは、体内でエクオールを産生できる人に限った話。

 

エクオールは体内に蓄積されないので、エクオールが産生できる人でも毎日これらの大豆製品を欠かさず摂取しなくてはいけないのだとか。

 

エクオール+ラクトビオン酸なら、1日の摂取目安量3カプセルに10mgのエクオールが配合されています。

 

エクオールが体内で産生できない人はもちろん、エクオールを産生できる人も、毎日欠かさずサプリでエクオールを補っておけば安心ですね。

 

ただし、大豆イソフラボンの過剰摂取につながるので、イソフラボンサプリとエクオールサプリを併用するのは控えた方が良いみたい。

 

 

エクオール+ラクトビオン酸

 

エクオール+ラクトビオン酸を朝、昼、晩、1カプセルずつ、合計3カプセルを2週間飲んでみました。

 

すぐに変化は現れませんでしたが、1週間目くらいに「そういえば肩こりがないな。」と気づいたんです。

 

以前は肩がガチガチで、酷い日にはロキソニンを飲んで乗り切っていました。

 

それが、エクオール+ラクトビオン酸を飲み始めてから、肩にずしーんと圧し掛かるような重圧感が軽減したみたい。

 

毎日欠かせなかった肩コリ用の磁気シートも、最近ではあまり出番がありません。

 

実は、肩コリも更年期の代表的な症状なのだとか。

 

ホルモンバランスの影響で血流が悪くなり、肩コリが酷くなってしまうんだそうです。

 

また、10日目を過ぎた頃には以前ほどイライラすることが減ったように思います。

 

イライラっとすることはあっても、いつまでも引きずらずにパッと切り替えられるようになったみたい。

 

おかげで、ぎくしゃくとしていた家庭内の空気も、和やかに戻ってきました。

 

エクオールは更年期に限らず、女性にとってなくてはならないものだと、改めて実感。

 

更年期を穏やかに乗り切るためにも、エクオール+ラクトビオン酸を続けていこうと思います。

 

 

エクオール+ラクトビオン酸

 

エクオール+ラクトビオン酸を試してみる【ネット通販限定特典あり】