エクオール 口コミ

MENU

エクオールサプリ クオリアを実際に試してみました

 

大塚製薬 エクエル

 

45歳を過ぎてから、イライラ、倦怠感、頭痛に火照りなど、いわゆる更年期障害に悩まされていました。

 

大豆イソフラボンが良いと聞き、豆乳や納豆、豆腐などを積極的に食べるようにしているのですが、効果はナシ。

 

そんな時、ふと広告で目に留まったのが、「クオリア」というサプリ。

 

エクオール配合のサプリということですが、そもそもエクオールって何なんだろう?といった感じ。

 

ですが、とにかくこのツライ症状が少しでも軽減されるならと思い、試しに1つ購入してみることに。

 

 

大塚製薬 エクエル

 

クオリアが届きました。

 

想像していたよりもコンパクトな大きさです。

 

 

大塚製薬 エクエル

 

商品以外にはクオリアに関係の無い広告やカタログ類はほとんど入っておらず、ムダの無い内容。

 

 

大塚製薬 エクエル

 

クオリアはシンプルなデザインのパウチに入っています。

 

植物のイラストが描かれているだけで、パッと見ても何のサプリなのか分かりません。

 

これなら、「更年期の悩みを家族に知られたくない」という場合でも気兼ねなく購入することができます。

 

また、通販で販売されている商品なので、薬局で購入するお薬と違って人目を気にする必要が無いのも良いですね。

 

クオリアの大きさは、ハガキサイズでコンパクト。

 

パウチタイプのサプリなので、サプリケースなどに移し替えなくても、このまま携帯できるのが便利。

 

旅行や外出の際にはそのままカバンに入れて持ち運ぶことができます。

 

 

大塚製薬 エクエル

 

そもそも、私は「エクオールって何?」という状態。

 

エクオールは別名「スーパーイソフラボン」とも呼ばれていて、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た働きをするのだとか。

 

つまり、今まで「大豆イソフラボン」の働きだと思われていたのが、実は「エクオール」の働きだったというコト。

 

このエクオール、実は誰でも体内で作れる物質では無いんだそうです。

 

エクオールを産生するには、大豆イソフラボンが腸内細菌のチカラによって代謝されなくてはいけないのだそう。

 

しかし、エクオールを産生する腸内細菌を体内に持っていないと、いくら大豆イソフラボンを摂取してもエクオールはできないんですって。

 

大豆食品をせっせと食べたり、イソフラボンサプリを飲んでいるけれど、イマイチ効果が感じられないわ、という人も多いのでは?

 

そういう人は、もしかしたら体内にエクオールを産生する腸内細菌を持っていないのかもしれません。

 

私もイソフラボンサプリを飲んでも全くナシのつぶてです。

 

ちなみに、日本人女性の2人に1人は体内でエクオールを作れないのだとか。

 

クオリアは、大豆イソフラボンをすでにエクオールの状態で配合しているサプリ。

 

なので、「大豆イソフラボンでは効果が感じられない」私でも、大豆イソフラボンの恩恵をちゃんと受けることができるんですね。

 

 

大塚製薬 エクエル

 

クオリアにはエクオールが10mg配合されています。

 

エクオールはずっと体内に留まる成分では無く、1日~2日で体外に排出されてしまうそうです。

 

なので、毎日継続して摂取し続けることが大切。

 

体内でエクオールが産生される場合でも、毎日大豆イソフラボンを摂取し続けなければ意味が無いというコトになります。

 

小林製薬 エクオールなら、エクオールそのものに加えて、エクオールの素である大豆イソフラボンも効率良く摂取できるんですね。

 

つまり、エクオールが作れない人はもちろん、エクオールが作れる人にとってもとても有意義なサプリと言っても良いと思います。

 

 

大塚製薬 エクエル

 

クオリアはハガキサイズのアルミパウチに入っています。

 

女性らしい華やかなデザインで、パッと見た感じは美容サプリのよう。

 

食卓などに置いてても「更年期サプリ」だとは誰も思わないのではないでしょうか。

 

ただ、小さな子供がいるご家庭だと、お菓子と間違えて口に入れてしまう可能性もあります。

 

一応「小児は摂取しないでください」との注意書きがあるので、子供の手の届かないところに保管しておいた方が良いかもしれません。

 

 

大塚製薬 エクエル

 

クオリアはパッケージの大きさの割には内容量が少ないでしょうか。

 

錠剤はコーティング処理されておらず、やや粉っぽさがあります。

 

パウチの奥まで指を入れて錠剤を取り出すと、手が汚れてしまうかもしれません。

 

気になる場合には、サプリケースなどに小分けにしておくと良さそうです。

 

 

大塚製薬 エクエル

 

クオリアはベージュの錠剤で、気になるような臭いは特にありません。

 

市販のロキソニンなどのお薬よりも一回りほど大きいサイズでしょうか。

 

しかし、飲みにくさを感じるような大きさではありません。

 

味や匂いも無いので、ふだんお薬やサプリを飲み慣れていない人でも、すんなり飲めると思います。

 

 

大塚製薬 エクエル

 

クオリアの1日の摂取目安量は3粒。

 

1日たった3粒で良いので、忘れっぽい私にはありがたいですね。

 

クオリアはサプリなので、特にいつ飲めば良いというタイミングは決まっていません。

 

エクオールはだいたい1日から2日で体外に排出されてしまうそうです。

 

毎日、忘れないタイミングでコツコツと継続して飲み続けることが大切。

 

私は、毎食後に1粒飲むことにしました。

 

ネットで調べてみると、大豆イソフラボンは食後に摂取すると良いとのことだったので、多分エクオールも同じではないかと思います。

 

食後の習慣にしておけば、飲み忘れも防げて一石二鳥ですね。

 

 

大塚製薬 エクエル

 

クオリアを飲み始めて2週間。

 

以前は週に2~3回ほど頭痛に悩まされていたのですが、頭痛の頻度がだいぶ減りました。

 

気分的にもイライラしたりクヨクヨすることも減ったように思います。

 

もちろん、更年期の悩みが全てすっかり解消したというワケではありません。

 

しかし、クオリアを飲む前に比べると随分とラクになった気がします。

 

今まで、大豆イソフラボンやザクロ、高麗人参など、更年期に良いと言われるものは片っ端から試してきました。

 

ですが、クオリアが一番効果が実感できたように思います。

 

なんでも、エクオールにはシワを解消する働きもあるとのこと。

 

残念ながらシワへの効果はまだ分かりませんが、更年期対策と美容対策を兼ねて、今後もエクオールを継続して飲み続けようと思います。

 

 

大塚製薬 エクエル

 

エクオールサプリ クオリアを試してみる【ネット通販限定特典あり】